「もやもや」する時

#自分を大切にする #感情の抑圧 #生きづらさ #感情を感じる


「なんかもやもやする」ということ、ありますよね。

その「もやもや」をほおっておくと、段々と感情が感じられなくなってしまいます。

どうしてかというと、「もやもや」は、はっきりと認識されていない

ネガティブな感情なのです。

怒りだけや、悲しみだけ、という具合に単一の感情だけだと比較的すぐにわかるのですが、

複数の感情が一つの心で感じられると、「もやもや」になってしまうのです。

「もやもや」をほおっておくということは、感情を感じないようにしているのと

同じことなのです。


例えば、

仕事の帰り道、うかない気持ちで歩いていると、

ばったりと数年ぶりに同級生にあったとします。

その人はとてもおしゃれな格好をしていて、笑顔も輝いていた。

近況を聞くと、仕事もプライベートも充実していて、楽しくいきているらしい。

普通に会話をして、別れたあと、「なんかもやもや」を感じた。という場合、

「もやもや」を確認していくと、どんな感情があるでしょう?

人によって様々ですが、

もしかしたら、同級生への妬み、自分の人生への悲しみ、運命への怒り、

などがあるかもしれません。


感情をしっかりと感じて、

「あぁ、私は、●●に対して☆☆の感情を感じているんだなぁ」と

自分を理解することが大切で、それが自分を大切にするということに繋がります。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示