インナーチャイルドの癒し

#自己否定 #良い人を演じる #見捨てられ不安


私が、3、4歳の頃、私の両親と父の本妻さん家族が集まっている光景。

みんながとてつもない言い争いをしている。原因は、私の存在。

私の母は、父の愛人。私は愛人の子供だったから。

「のりこを子供として認知するのか」「のりこはけがれた子だ」

本妻さんは、私を全否定していた。

みんながこんな言い争いをしているのは、私のせいだ。


私は、望まれずに生まれてきたのだと感じていた。

私は、周りから受け入れられていないと感じていた。

私は、居てはいけない存在なのだと感じていた。

悲しくて悲しくてしかたがなかった。


その思いは、気が付かないうちに、私という人間を構築していた。

「気に入られたい」から、つい、いい人を演じてしまう。

「どう思われているのか気になって」相手に自分のエネルギーを渡してしまう。

「見捨てられるのが怖くて」相手の言いなりになってしまう。

人と接するのが疲れてしかたがなかった。


過ぎた過去だと思っていた。とっくに終わったことだと。

大人になった私は、過去を理性的に考え、納得していた。

でも、インナーチャイルドは助けを求めていた。

ある時、私の人生の流れが、インナーチャイルドに光を当てるように導いた。

自己催眠で、インナーチャイルドに会いに行った。

インナーチャイルドは泣きながら、行き場を失っていた。

私も涙が止まらなかった。

「悲しかったね。長い間、待たせてごめんね。迎えに来たよ。もう大丈夫、大丈夫」

インナーチャイルドは、泣きながら微笑んだ。

居てはいけない存在など、一人もいない。

インナーチャイルドは大人の私に統合された。

インナーチャイルドの思いで動かされている時、反射的、自動的になってしまいます。

でも、今の自分にはストレスになってしまうことあります。

インナーチャイルドからのサイン「私、ここにいるよ」

気が付いてあげてくださいね。


4回の閲覧
お申込み 
お問い合わせ
営業時間 10時~21時
​定休日  日曜日
​定休日にご予約ご希望の方は、ご相談ください
☎ 090-2695-2719

​当ルームは、自然ゆたかな場所にあります

札幌市南区藤野1条7丁目

​駐車スペース有

カウンセリングまた催眠療法セッション中は、

電話に出ることが出来ません。

お手数ですが、何度かおかけ直しくださいますよう

お願いいたします。

  • Facebookの社会的なアイコン

Copyright (C) SHANTY All Rights Reserved.