#心 #癒し #心理 #日々のこと


先日、コンビニで

レジに並んでいた。


レジは一台しか稼働していなく、

お客さんが並んでいて、

私は4人目。

一人目の人は、沢山買い物をしていて、

更になにかのコンビニ支払いもあり、

随分と時間がかかっていた。


私は、ただ待っていた。

イライラもせず、

「レジの人、焦っていたらかわいそうに」と思いながら、

ただじーっと。


一人目のひとが終わり、

二人目。

その人は、商品納入業者さんのようで、

納品伝票を持っていた。

「あ、僕はいいので、次どうぞ」

その人は三人目の人にいうと、

すっと脇によけた。


三人目の人は、女性。

なにも言わず、レジに行くと、ビールの6本ケースを

ドカっとレジ台に置いた。

清算して、さっさと出ていった。

すると、業者さんは、「どうぞ」という雰囲気を醸し出していたので、

私も清算させてもらうことにした。

業者さんに軽く会釈をして、レジへ進み、済ませた。

「ありがとうございました」

私は、業者さんにお礼を言い、お店を出た。


私は、スーパーでも、たびたび、

レジで譲ってもらうことがある。

「どうぞ」と。


ただ茫然と待っている人、

イライラする人、

スマホを観ながらの人、

色々な待ち方をしている人たちが居るけれど、


自分が沢山の買い物で、次の人が少ない買い物なら

「先にどうぞ」

と言える余裕を持ちたい。

周りを見れる人でいたい。

そして、譲ってもらったら、

「ありがとう」

と言える人間でありたい。


11回の閲覧
お申込み 
お問い合わせ
営業時間 10時~21時
​定休日  日曜日
​定休日にご予約ご希望の方は、ご相談ください
☎ 090-2695-2719

​当ルームは、自然ゆたかな場所にあります

札幌市南区藤野1条7丁目

​駐車スペース有

カウンセリングまた催眠療法セッション中は、

電話に出ることが出来ません。

お手数ですが、何度かおかけ直しくださいますよう

お願いいたします。

  • Facebookの社会的なアイコン

Copyright (C) SHANTY All Rights Reserved.