セッションよりーソマティック・ヒーリングー

#代替療法 #がん #催眠療法 #ソマティック・ヒーリング #病気 #統合医療

#自然療法 #ホリスティック医療



30代、女性のクライアントYさんでした。

子宮筋腫がかなり大きくなっていて、

ベッドに横になると、おなかの中に岩があるように見えました。

Yさんは

「きっとこの病気は、なにかを教えてくれているから、

それが解かれば、筋腫と共存できるのでは」

と言いました。


私は、Yさんを催眠状態へ誘導し、筋腫を擬人化しました。

現れたのは、5,6歳の女の子。

名前もオーリアちゃんと教えてくれました。

その子は、Yさんの前世でした。

オーリアちゃんは「さみしい、置いていかないで」と泣いていました。

私は、オーリアちゃんが現れた理由を聞き、なぐさめ、

Yさんの許可を得てハートに統合しようとしましたが、

完全には統合できず、「さみしさの涙」が残ってしまいました。

そこにオーリアちゃんのハイヤーセルフが現れ、

「甘えればいいよ。彼を信じて」とアドバイスをくれました。

「でも、怖い。一人がいい。嫌われたくない」とオーリアちゃんはかたくなでした。

私は、Yさんに優しい光をイメージしてもらい、

オーリアちゃんの涙を連れて行って貰いました。


ゴールデンサンとヒプノティックムーブメントを行いました。

ヒプノティックムーブメントでは、Yさんはずっと泣き続けました。


カラーヒーリングでは、腫瘍は赤い色をしていました。

Yさんは「少し休ませてあげたい」と言い、

無理に色を変えるのではなく、そのままの色でそっとしておくことを

希望されました。


次に、Yさんはインナードクター(内なるヒーラー)と会いました。

インナーヒーラーは「オーリアを助けることを諦めないで」

とアドバイスをくれました。

そして、インナードクターによる手術は、

オーリアちゃんのことが落ち着いたら可能、とのことでした。


後日、Yさんは、オーリアとして生きた前世を見ました。

オーリアは、愛する人が死に、その人の子も流産してしまうという悲しい体験

をしていました。

そして、Yさんは

「筋腫は、オーリアの悲しみ、寂しさと、生まれることが出来なかった子の思い」

が形になったものだと気づきました。

それまで、自分を苦しめる病気と思っていた筋腫に対して、

「そうか・・やっと出てきたんだね」という優しさが生まれました。

Yさんは、筋腫と共存しようと思いました。



10回の閲覧0件のコメント
お申込み 
お問い合わせ
営業時間 10時~21時
​定休日  日曜日
​定休日にご予約ご希望の方は、ご相談ください
☎ 090-2695-2719

​当ルームは、自然ゆたかな場所にあります

札幌市南区藤野1条7丁目

​駐車スペース有

カウンセリングまた催眠療法セッション中は、

電話に出ることが出来ません。

お手数ですが、何度かおかけ直しくださいますよう

お願いいたします。

  • Facebookの社会的なアイコン

Copyright (C) SHANTY All Rights Reserved.