セッションよりー止まらない咳ー

#前世療法 #原因不明の病 #催眠療法体験談


ある日、一人の、30代後半、女性クライアントAさんがやってきた。

原因不明の咳が止まらないという。

病院での検査は異常なし、咳止めを飲んでも効果なし。

もう、咳の状態が1か月続いているという。

カウンセリング中も、乾いた咳が続いていた。


「病院の検査では異常がない、原因不明の症状」

でやってくるクライアントさんは、結構多い。


私は、Aさんを催眠状態へ誘導し、

「その症状の一番最初の原因となったところへ」

行くように言った。

Aさんは、すぐにその場面に入った。

「煙が充満しています。息が苦しい」

「そこはどこですか?」

「飛行機の中です」

「いま、なにが起きていますか?」

「飛行機の中で、火災が起きています」

Aさんは、前世で体験した、飛行機火災の場面を語りだした。

咳は、前世で体験した飛行機火災で煙を吸いこんだことが原因だった。

Aさんの潜在意識が、その体験を記憶していて、

今世の身体的症状として現れたのだった。


一通り、必要な場面を見た後、エネルギーでの浄化ワークをし、

覚醒させた。

Aさんの咳は治まり「不思議なこともあるものなんですね」

と言い、にこやかに帰っていった。

潜在意識には、前世も含めて、すべての体験、感情の記憶があります。

そして、それをもとに、私たちの身体は創られています。

時として、身体的な症状として現れることもあります。


自分の潜在意識には、一体どんな記憶があるのか、

興味わきますね。


36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示