我が子が悩んでいる時

#高橋記子プロフィール #催眠療法 #DV #生きづらさ #虐待 #自己喪失

#機能不全家族 #アダルトチルドレン #共依存 #パーソナリティー障害

 


最近、お子さんについての相談が、とても多いんですね。

そして、特徴は、お父様ではなく、お母さまからの相談が圧倒的に多いんです。

「うちの娘が精神的に不安定で・・診ていただけないでしょうか?」

「息子が対人問題があって、会社に行けなくなってしまって・・」

などなど・・


我が子が苦しんでいるのを、黙ってみていられない、というお気持ちは

よく解ります。

我が子が苦しんでいると、自分まで苦しくなる、というお気持ちもよく解ります。

病んでいる家族がいると家の中の空気が重くて暗くなる、という状況もよく解ります。


でも、ここでひとつ問題なのは、

「成人した子供自身の問題で、母親が眠れなくなったり、食べられなくなったりする」

というお母さまが多いことなんです。

イコール、親が子供との境界線をはっきり持っていないといことなんです。

(その場合、子供が幼少期から、過干渉や暴力、暴言によって子供の境界線を侵してきた可能性があります。)


そのような時は、今一度、

「私は、この子を、一人の尊厳ある人間として尊重してきただろうか」

と自分に聞いてみて下さい。

もし、答えがノーだったとしたら、

「では、なぜ?」

と自分に聞いてみてください。

すると、子供の苦しみが、親の側に成長するチャンスを与えてくれていることに

気が付くことと思います。


親が自分の人生を全力で生きられるようになると、

子供も苦しむサイクルから脱出します。

子供は、自分の人生を生きる力を持って生まれてきました。

それを信じて下さい。

そして、親は、親ではあるけれど、それ以前に一人の人間として尊厳をもって、

自分の人生を幸せに生きてほしいと思います。




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示