top of page

私が私であるために


私は、昔、いつも自分を責めていた。

「働かない奴はダメな奴だ」

「なにもしない怠け者」

「価値のない人間」

この思いは、誰の影響なのかは解っていた。

母からのものだ。

母の物差しが、私の物差しになっていた。


思いが現実を引き寄せることは分かっていた。

だから、自分を責める自分を消そうと頑張った。

「私は自分を愛します」

鏡を見ながら言い聞かせた。

自己実現や自己啓発の本を読みあさった。

でも、どうしても、気が付くと自分を責めていた。

私は変われない。

苦しかった。


ある時、自分を責める自分を認めてあげた。

「責める自分がいてはいけないと思っていたけど、

いても良いよ。責める自分がいるのも理由があるんだよね」

すると、突然、強烈な思いがあふれてきた。

まるで、思いが入っている箱の蓋が開いたように。


「あなたが元気で生きていてくれているだけでいい、

というメッセージが欲しかった」


私は、子供の頃、母から、そのメッセージが欲しかったのだ。


涙が止まらなかった。


そうか、やっと解った。

これだったんだ。

私は、その後、両親は私が生まれたとき、

「生きてさえいてくれれば」と思ってくれていたことに

気が付きました。


これは、

「あなたは、存在そのものが素晴らしい」

というメッセージですね。

魂の根源です。

このメッセージを受け取れると、

特別な存在になろうと頑張る必要もなく、

自分が自分らしく、いられるのだと思います。


人間は、その素晴らしさを表現するために

生まれてくるのかもしれません。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page