耐え難いとき、離人症に

#離人症 #心の悩み #アダルトチルドレン


幼い頃、父とその愛人であった母、そして父の本妻さん家族との争いの中で

とてもつらく悲しい思いをしていた私は、それに耐え切れず、離人症になった。

3、4歳で離人症だなんて、信じられない。

でも、なってしまった。

こんな自己防衛本能が働くくらいだから、よほどつらかったのだ。


自分の身体を、後ろから見ているもう一人の自分が居る。

身体と心が離れている感じ。

身体の自分と、心の自分が同じ自分だと感じられない。

自分がどう感じているのか分からない。

自分が誰なのか分からない。


そして、10歳くらいになったある時、突然身体と心が重なり、一致した。

まさに、「重なった」という表現がふさわしい感覚。

「あれ!?私、ここにいる!!」と感じた。とても衝撃的な出来事だった。

身体はエネルギーが集まって出来ています。

「こころ」と呼ばれている「感じる部分」がある場所もエネルギーです。

その二つがきちんと重なっていることって、大事ですよね。


人間て、どんな状況も乗り越えようとします。すごいですね。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示