自己信頼感のつぼみ

#インナーチャイルド #癒し #自己肯定感


私が小学生の頃、夏休みや冬休みの自由研究は、母の希望で、父がしてくれていた。

母は「のりこのため」と言っていた。

私が、学校の先生から、良い評価をもらうためだった。

父が作った私の自由研究は、とても出来が良く、評価もよかった。

でも、私はいつも後ろめたさと、「私は、なにひとつ満足にできない」という思い

に苦しんだ。

そして、両親が、私の可能性を信じてくれていないことに悲しみを感じていた。


下手な自由研究でも、私を応援して、励ましてほしかった。

最後までやったなら、それを褒めてほしかった。



子供時代のいろんな体験が、「自分ならやれる」という自己信頼感のつぼみを作ります。

自己信頼感は、生きていくうえで、アイデンティティーの一部として、とても大切です。

大事なことは、子供の存在を信じて、認めて受け止めてあげることです。


もし、大人の自分が、自分を信頼できないなら、残念な体験をしたインナーチャイルドが

いるのかもしれませんね。そのインナーチャイルドに光をあてることで、エネルギーが

解放され、自己信頼への一歩を踏み出せるかもしれません。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示